ノンカフェインだからこそ、お子様や妊婦の方にも愛飲頂けるナタ豆茶

なた豆茶は妊婦でも大丈夫

摂り過ぎによる副作用が心配される物質といえば、カフェインが最も身近な物質といえるでしょう。カフェインはコーヒーや紅茶だけでなく、数々の健康茶にも含有されている物質ですが、摂り過ぎてしまうと寝つきにくくなったり、頭痛の原因となってしまったりします。そのため、妊婦の方や授乳中の方、お子様などはできるだけ避けたほうが良いのです。

 

その点、ナタ豆茶の場合はカフェインは一切含まれていません。しかもノンカロリーなので、小さなお子様や妊娠・授乳中の方にも安心してお召し上がりいただけますし、もちろんご高齢の方やダイエット目的で始めてみたいという方にもおすすめです。

 

ただしナタ豆以外の原料を含む健康茶の場合、使用されている原料によってはカフェインが含まれることもありますので、よくご確認の上、お買い求め下さい。

 

また、ナタ豆茶といえばデトックス効果が期待できるお茶として大人気で、蓄膿症や歯周病などの不快な症状の改善に役立つお茶として重用されていますが、味にも定評があります。大変スッキリとした咽越しで、豆のお茶ならではの香ばしい風味もあり、美味しいからこそ長く続けられるという感想をお持ちの方も多いものです。

 

過剰摂取には要注意のカフェイン

コーヒーや紅茶、緑茶、チョコレートといった多くの飲み物や食べ物に含まれ、特に緑茶やコーヒーを愛飲されている方には気をつけていただきたいのがカフェインの過剰摂取です。カフェインには利尿作用や胃液分泌促進といった健康効果もありますが、その一方で摂り過ぎると神経を興奮させ、頭痛を引き起こしたり睡眠障害を招いたりします。

 

ですから、できるだけ妊娠中の方や授乳中の方、小さなお子様などは、カフェインを避けるべきです。世界的に見ても、カナダでは1日に摂取してよいカフェイン量は年齢別にきちんと制限されていますし、アメリカの場合もカフェインが子どもの安眠を妨げるとの報告を、2011年に発表しました。

 

妊婦に対して及ぼすカフェインの影響

特に妊婦中はできるだけフェイン摂取は控えたほうが無難です。カフェインを1日当たり100mg以上摂取すると、流産の可能性が高まるとの研究報告がスウェーデンでなされていますが、確かに妊娠中の母体はカフェインの分解や排出が通常の人よりも遅く、胎盤を通じて胎児へとカフェインが届いてしまうことを考えると、それなりに悪影響があると考えるのが自然です。

 

しかしノンカフェインのナタ豆茶ならそのような心配はなく、妊娠中の方にも安心してお召し上がりいただけますし、お子様からお年寄りまでどなたにも安全です。また、ミネラル豊富なナタ豆茶は夏場の熱中症対策としても有効ですし、毎日の水分補給として気軽にご愛飲頂けます。もちろん体質改善効果や免疫力アップを図りたい方にも最適です。

 

ノンカフェインだからこそどんなに飲んでも安心

コーヒーや緑茶などに多く含まれているカフェインには中毒性があるため、継続的に摂っていると段々と摂取量が増えていってしまうという懸念もあります。ですから、微量のカフェインでも安眠が妨げられるなどの症状がある方は、ぜひノンカフェインのナタ豆茶を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ノンカフェインだからこそお休み前でも安心してお召し上がり頂けますし、ご家族全員の健康のために役立ちます。毎日飲むお茶をナタ豆茶に変えて、手軽に健康促進を図りましょう。

 

人気ランキング

薩摩刀豆なたまめ茶
鼻やのどに感じる不快感を一掃!

原料はこだわりの純国産

気になる花粉症対策に

口臭対策にも好評!


公式サイトへ

爽快なたまめ茶
健康は一日一杯のお茶から

90%近いリピート希望率!

国産ごぼう、国産黒豆、90種の発酵酵素を独自配合

美味しいから子どももゴクゴク


公式サイトへ

なた豆茶ブレンド
気になるお口のトラブルに

至近距離にも自信が持てる息に

爽快なハーブティー風味

お得な初回限定価格あり!

公式サイトへ