なた豆茶を購入する際に知っておきたい重要チェックポイント

なた豆茶を選ぶポイント

健康茶選びで重要なこと、それはできるだけ安全性を重視して加工された商品を選ぶということです。そのため、価格や味だけを見て決めるのではなく、原料の生産地や添加物の有無、残留農薬などについての情報が開示されているものを選ぶようにしたいものです。

 

また、国内有数のなた豆の産地である鹿児島県吉田町や兵庫県丹波地方では、無農薬・有機肥料でのなた豆栽培が続けられていることでも有名です。これらの産地のなた豆を使用した製品がおすすめです。

 

カフェインフリーでノンカロリーのなた豆茶は、健康維持をお考えのご高齢の方やダイエット目的の方はもちろん、妊娠中や授乳中の方、さらには小さなお子様にも安心して召し上がって頂けます。各メーカーごとに原料として使用している豆の種類、ブレンドが異なるため、それぞれ風味は異なりますが、ぜひお好みの1品を見つけてみて下さい。

 

まずは安全性をチェック

購入の際気になるのは残留農薬などの問題です。鹿児島や兵庫を産地とする国内原産のなた豆茶が多い一方で、中国産なた豆を原料として使用している製品もあります。残留農薬検査を済ませている製品ならば中国産でも安心できますが、この点が不明な製品は避けたほうが無難と言えます。

 

また、なた豆には若干の毒性が含まれている品種もありますが、製品としての加工段階で加熱処理などが行われることにより、完全に消滅しますから、この点は心配には及びません。ただし、加工処理や品質管理が徹底されているメーカーの商品を選ぶようにしましょう。

 

品種や味をチェック

なた豆は3種類に大別されますが、市販のなた豆茶に加工されるのは白なた豆、そして赤なた豆です。赤なた豆を使用した健康茶の場合、玄米やハブ茶、黒豆、桑の葉といった様々な原料とブレンドされて製品化されますが、白なた豆の場合はほかの食材とはブレンドせず、100%白なた豆使用のなた豆茶として製品化されています。そのため、製品ごとに味や香りなどの違いがあります。ぜひお好みの味や香りを発見して下さい。

 

各通販サイトなどで販売されている商品をお求めの際には、愛飲者の声をチェックすることも重要です。毎日続けて飲みたいからこそ、美味しさだけでなく価格についても無理なく続けられるかどうか、熟考しましょう。

 

製造方法など総合的にチェック

できるだけ安全な商品を選ぶために産地や栽培方法などを知ることも大切ですが、製造方法などについてもよく確認したいところです。安全ななた豆茶を選ぶためには、商品についての総合的な情報収集が大変重要です。できるだけ農薬や化学肥料など使わず栽培され、製造過程での衛生管理などにもしっかりと配慮された商品を選びたいものですね。そしてお好みの一品を見つけ、毎日の美容や健康管理にお役立て下さい。

 

人気ランキング

薩摩刀豆なたまめ茶
鼻やのどに感じる不快感を一掃!

原料はこだわりの純国産

気になる花粉症対策に

口臭対策にも好評!


公式サイトへ

爽快なたまめ茶
健康は一日一杯のお茶から

90%近いリピート希望率!

国産ごぼう、国産黒豆、90種の発酵酵素を独自配合

美味しいから子どももゴクゴク


公式サイトへ

なた豆茶ブレンド
気になるお口のトラブルに

至近距離にも自信が持てる息に

爽快なハーブティー風味

お得な初回限定価格あり!

公式サイトへ