飲みすぎによる副作用の心配なく愛飲できるナタ豆茶

なた豆茶の副作用

最近では数多くのメーカーが販売している「ナタ豆茶」ですが、それらの多くに原料として使用されているのは3種類存在するナタ豆の中の1種、赤ナタ豆の種子を完熟させたものです。

 

この赤ナタ豆とタチナタ豆の種子には微量の有毒物質が含まれているのですが、お茶の原料として水洗い・過熱・焙煎し、加工処理を行っていく中で自然とその毒性は消失するものです。ですから、ナタ豆茶を飲むことによる副作用というのは特に心配には及びません

 

また、毒性を含んだままのナタ豆は食用以外の用途で活用されていますので、有毒なナタ豆をそのまま口にするなどということはまず考えられません。

 

3種類のナタ豆の特徴

上述の通り、ナタ豆は3種類に区分されます。

 

白なた豆 白い花、白い種子を付けることで知られ、完熟した種子には毒性がない。煮豆の材料として古くから食用され、サヤは福神漬けの材料として利用されている。ナタ豆茶の原料としても使用される。
赤なた豆 ナタ豆茶の原料として用いられ、加工前の完熟種子にはわずかな毒性物質が含まれる。
タチナタ豆 完熟種子は毒性物質を多く含有するため、食用には適さない。

 

このように、ナタ豆は食用に適すものと適さないものとがあり、加工することによって毒性が消失する赤ナタ豆は健康茶の原料として、またそのまま食すことができる白ナタ豆はごく身近な日本食の材料として愛されています。

 

ナタ豆茶の健康効果について

巷に数多く出回っている健康茶の中には、過剰摂取することによってお腹が緩くなってしまったりするような、副作用の懸念が出て来る健康茶もありますが、ナタ豆茶の場合は摂り過ぎによる健康被害というのは報告されていませんから、毎日たくさんお召し上がり頂いても問題はありません。

 

体内の有毒物質や過剰に溜まった水分をスッキリと排出させ、高いデトックス効果があることで大注目されているナタ豆茶は、歯周病や蓄膿症、膝に水が溜まるといった症状でお悩みの方や、腎機能の弱い方などに最適です。

 

また、ナタ豆茶として加工される前の赤ナタ豆に含まれる有毒物質というのは、有毒性アミノ酸カナバリン、コンカナバリンAといった物質で、さらに本来は有効成分であるはずのサポニンという物質も、そのままの状態では有毒です。しかし、ナタ豆茶としての加工段階である水にさらす作業や、加熱・発酵といった処理を行う中でこれらの有毒性は消えていきます。

 

そのため製品として販売される時点では有毒物質は一切含まれていませんから、健康被害や副作用を心配することなく、毎日の健康維持のために安心してお飲みいただけます。

人気ランキング

薩摩刀豆なたまめ茶
鼻やのどに感じる不快感を一掃!

原料はこだわりの純国産

気になる花粉症対策に

口臭対策にも好評!


公式サイトへ

爽快なたまめ茶
健康は一日一杯のお茶から

90%近いリピート希望率!

国産ごぼう、国産黒豆、90種の発酵酵素を独自配合

美味しいから子どももゴクゴク


公式サイトへ

なた豆茶ブレンド
気になるお口のトラブルに

至近距離にも自信が持てる息に

爽快なハーブティー風味

お得な初回限定価格あり!

公式サイトへ