蓄膿症の諸症状改善が期待できる「なた豆茶」

蓄膿症対策に

一般的には蓄膿症と呼ばれている症状は、正式には慢性副鼻腔炎という病名があり、副鼻腔内が長期間炎症炎症を起こし、膿が発生することによってしつこい鼻水や鼻づまり、痰や頭痛といった症状を誘発する病として知られています。

 

なた豆茶の行こう成分の1つ、カナバニンは体外に膿を排出させる作用のある成分で、なおかつ炎症を鎮める作用もあるため、蓄膿症の改善には大変効果的とされています。

 

副鼻腔炎を起こしやすいのは特に風邪を引いた時で、風邪の症状が重篤化すると回復までかなりの日数を要することになり、そのタイミングで副鼻腔炎を併発すると風邪が治った後もそのまま鼻水などの不快な症状が残ってしまったりします。

 

そしてこの副鼻腔炎が慢性化すると、副鼻腔で発生した膿がその他の気管にも害悪を成し、喘息の症状や中耳炎、脳炎などを引き起こす恐れもあります。ですから、風邪が治った後も鼻水が止まらないといった症状が続くようであれば、できるだけ早めに耳鼻咽喉科での診療を受けるべきなのです。

 

蓄膿症について

細菌感染などによって副鼻腔に炎症が起きると、そこに膿が溜まるようになり、鼻づまりを起こしたり様々な不快な症状を併発するようになります。これが蓄膿症(慢性副鼻腔炎)と呼ばれる症状です。また、以下の4つの空洞のことを副鼻腔と呼びます。

 

小鼻の横に位置する上顎洞
目と目の間に位置する篩骨洞
眼球の奥に位置する蝶形骨洞
両眉上部に位置する前頭洞

 

これらの空洞(副鼻腔)に炎症が起こり、膿が溜まるという症状が起きると、通常よりも粘度が高く、黄色い不快な臭いを発する鼻水が出るようになったり、慢性的な頭痛を抱えることにもなります。

 

発症して日が浅いうちに回復すれば急性副鼻腔炎ということで軽症で治まりますが、長期間症状が続けば慢性副鼻腔炎となり、放置すると鼻や咽だけでなく周辺の様々な気管にも炎症を引き起こす可能性が高くなるのです。大したことはないと思ってつい放置してしまう人も多い蓄膿症ですが、耳鼻咽喉科での早めの治療が鍵となります。

 

医学的治療と同時進行で摂取できるなた豆茶

蓄膿症治療の目安として、不快な鼻周辺の諸症状が3ヶ月以上続くようであれば専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

耳鼻咽喉科では蓄膿症かどうかX線診断やCT検査によって画像化し、確認することができますし、ステロイドや抗生物質を服用することによって根治することが可能です。また、ネプライザーや鼻洗浄も蓄膿症対策としては有効です。さらに、投薬治療によってもあまり効果が認められない重篤なケースでは、手術が行われることになります。これは内視鏡を使って鼻ポリープを除去するというもので、この手術方法が確立されたことにより人体にかかる負担が軽減され、改善率も大幅にアップしました。

 

このように蓄膿症に対する医学行為も進化を遂げていますが、それと同時に取り入れることでさらにスピーディーな改善が期待できるのがなた豆茶です。なた豆の有効成分の1つ、カナバニンは排膿作用・抗炎症作用に優れた成分であり、辛い鼻水・鼻づまりといった症状改善には大変有効とされています。

 

蓄膿症の諸症状改善だけでなく予防に役立てたいなた豆茶

なた豆茶は蓄膿症による様々な不快な症状に有効とされています。蓄膿症が起きると常に痰が絡んだり嗅覚に異常が起きたり、快適な日常生活の妨げとなります。

 

なた豆茶の有効成分・カナバニンは体内に溜まった膿を効率良く体外へと排出させる作用があり、日常的になた豆茶を摂取することにより、辛い蓄膿症の症状改善に役立つだけでなく、予防対策としても役立ちます

 

専門医の診察を受け、蓄膿症を根治するとなるとそれなりの期間通院や服薬を続けなくてはなりませんが、蓄膿症でお悩みの方は医師の指導を守りつつ、なた豆茶も同時進行で取り入れてみて下さい。

人気ランキング

薩摩刀豆なたまめ茶
鼻やのどに感じる不快感を一掃!

原料はこだわりの純国産

気になる花粉症対策に

口臭対策にも好評!


公式サイトへ

爽快なたまめ茶
健康は一日一杯のお茶から

90%近いリピート希望率!

国産ごぼう、国産黒豆、90種の発酵酵素を独自配合

美味しいから子どももゴクゴク


公式サイトへ

なた豆茶ブレンド
気になるお口のトラブルに

至近距離にも自信が持てる息に

爽快なハーブティー風味

お得な初回限定価格あり!

公式サイトへ