なたまめ茶の有効成分は花粉症にも有効

花粉症の緩和になた豆茶

もはや日本人の国民病とも呼べる花粉症、花粉症の季節になると辛い症状に悩むことになります。

 

鼻水や鼻づまりにはじまり、花粉症の症状は様々です。この花粉症の症状の改善に有効といわれているのが、なたまめ茶の成分カナバニンです。カナバリンには膿を排出させ、それ以上の炎症が進むことを抑える働きがあるとされています。また免疫力アップの作用もあり、花粉症の諸症状を鎮めることが期待されます。

 

花粉症について

花粉症の原因はスギやヒノキの花粉、日本にとくに多いこのスギやヒノキの花粉により引き起こされる花粉症は、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなど不快な症状をもたらします。量が少ないうちはさほど反応を示さない人体も、あまりに過剰な花粉を浴び続けているうちに、花粉症となって表れます。

 

とくにスギやヒノキの花粉の飛散が増える時期には、花粉症の症状もそれに連れてひどくなることが多く、日照時間が長い、気温が高い、など花粉が飛散しやすい時期にはとくに注意が必要です。

 

花粉症の症状に有効な方法とは

花粉症の改善や対策には主に二つのアプローチの仕方があります。一つはすでに起きてしまった症状を緩和するために対処療法、もう一つは根本的に花粉症自体を治癒していこうとする根治療法です。

対処療法について

花粉症の本格的な症状がはじまる前に

必ず出る症状を少しでも抑えるために、抗アレルギー薬を内服します。

 

症状が出たあとは

抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬などにより、鼻水や鼻づまり、目のかゆみや炎症などを治療します。

 

花粉症自体を治癒することを目的とする根治療法とは

体内に入ってくる花粉を異物として認識しないように、そもそもアレルギーを引き起こす元凶である花粉に体内に入れます。これにより、花粉に対する免疫をつけようとするのが根治療法です。これは非常に長期間にわたって行われる方法になります。

 

カナバニンというなたまめ茶に含まれる成分は、体内の膿を排出させ、これ以上炎症がひどくならないように抑える働きがあるとされています。

 

なたまめ茶による花粉症対策とは

花粉症の症状を少しでも軽減するためには、あまりにたくさんの花粉を浴びないようにする努力も必要です。マスクやめがねなどを用いることにより、体に触れる花粉の量を減らすことが出来ます。また外出先から帰宅したら、着ていた服を脱ぎ、花粉が体に侵入しないようにする、室内の清掃を怠らない、適当な湿度を保つ、などの工夫も必要となってきます。

 

なたまめ茶の有効成分には、抗炎症作用やアレルギー性の症状を鎮静させる作用があり、花粉症の辛い症状を軽減させる効果が期待されます。

人気ランキング

薩摩刀豆なたまめ茶
鼻やのどに感じる不快感を一掃!

原料はこだわりの純国産

気になる花粉症対策に

口臭対策にも好評!


公式サイトへ

爽快なたまめ茶
健康は一日一杯のお茶から

90%近いリピート希望率!

国産ごぼう、国産黒豆、90種の発酵酵素を独自配合

美味しいから子どももゴクゴク


公式サイトへ

なた豆茶ブレンド
気になるお口のトラブルに

至近距離にも自信が持てる息に

爽快なハーブティー風味

お得な初回限定価格あり!

公式サイトへ