痔にもなたまめ茶がいいのはなぜ

痔の治療になたまめ茶を活用

痔はできれば秘密にしておきたい病気ですね。男性に多いイメージを持っておられる方も多いかもしれませんが、実は便秘がちな女性にも多い病気らしいですね。

 

痔という病気は、お尻付近の静脈が圧迫されて血液の流れが滞ってしまうことによって発生します。冷え症の方や、普段運動をしない方、デスクワークでずっと同じ姿勢の方などは特になりやすいようです。

 

便秘などが原因で、いきんでしまう事も多いと思いますが、これが痔のきっかけになるようなので要注意です。排便するときににいきんだり、堅い便だったために肛門が切れてしまって出血をするタイプの「切れ痔」や、肛門の外や内側に膿みができてしまうことによっておこる「イボ痔」など様々な種類があります。

 

重症例ですと、肛門の内側にできた膿みが外に飛び出してしまうこともあるようです。このようになってしまいますと、手術をしなくてはいけないこともあります。

痔にもなたまめが効果があるの?

沢山種類のある痔の中でも、膿みが溜まってしまう「イボ痔」には、なたまめの効果が期待できます。塗布するわけではなく、普通にお茶として飲んでいることで膿みを排出できるようです。

 

痔の原因の一つに「冷え」と「血行不良」があります。東洋医学ではではこれらを「お血」と呼ぶこともありますが、なたまめ茶を普段から飲んで血行を改善しておくことによって、「切れ痔」などの予防も期待できそうです。

 

なたまめは、人には言えない悩みを解決してくれます

女性は特に妊娠・出産などがありますので、男性に比べますとそのような出来事がきっかけになり体質が大きく変化してしまうことが多いようです。「切れ痔」もその変化の一つ。

 

なたまめ茶を飲んでみると、血行が良くなり痔も解消したのだとか。いぼ痔の膿だし効果については不確かではありますが、血行を促進できるという意味では痔にも効くし冷え症などにも良いと言えそうです。

 

使用後のティーバッグでもケアができます。

なたまめを効果的に体内に取り込む方法としては、お茶として飲むのが一般的なのですが、お茶を煮出した後のティーバッグを捨ててしまっていませんか。それは大変もったいないことをしています。この残りのティーバッグにも、まだまだなたまめの成分がたっぷり残っているのです。捨ててはいけませんよ。

 

お風呂に入っているときに、使い終わったティーバッグでお尻など患部をパッティングしてあげると効果的です。このようになたまめは、体の内からと外からの両方から抗炎症作用を与えることができる優秀なものです。今回は痔のお話をしましたが、ニキビや吹き出物、肌荒れがあるような時にも使ってみると良いでしょう。

人気ランキング

薩摩刀豆なたまめ茶
鼻やのどに感じる不快感を一掃!

原料はこだわりの純国産

気になる花粉症対策に

口臭対策にも好評!


公式サイトへ

爽快なたまめ茶
健康は一日一杯のお茶から

90%近いリピート希望率!

国産ごぼう、国産黒豆、90種の発酵酵素を独自配合

美味しいから子どももゴクゴク


公式サイトへ

なた豆茶ブレンド
気になるお口のトラブルに

至近距離にも自信が持てる息に

爽快なハーブティー風味

お得な初回限定価格あり!

公式サイトへ