歯周病予防になたまめ茶を

歯周病予防になた豆茶

歯周病は日本人の30歳以上の8割が疾患を持っていると言われるほどの病気です。歯周ポケットを歯科医でチェックされた方もいらっしゃることと思いますが、この歯周病は放っておくと歯を悪くするだけでなく、歯周病菌が心臓に達してしまい、死亡してしまうケースも存在することから早目の治療が求められます。

 

歯周病を予防するには日頃から口内環境を清潔にすることが大切です。プラークコントロールと呼ばれるものですが、歯垢を取るクリーニングと歯磨きの指導を歯科医で受けることも大切です。歯の治療のさいに歯科医ではこうしたことを教えてくれるため、せっかくの機会を逃さないようにしましょう。

 

現在、歯周病予防には「なたまめ茶」が良い効果をもたらすと言われてます。なたまめ茶を飲むことで歯茎を健康に保ち、膿が溜まったりする症状を防げるのでおすすめです。歯茎に膿が溜まると最終的には抜歯をして歯茎の中まで治療しなければならないことがあります。そのため、日常から口腔内を清潔にして、なたまめ茶で歯周病を予防することが求められるのです。

 

歯周病

歯周病は歯茎にジンジバリス菌やプレボテーラ菌などの雑菌が原因となり、歯茎が腫れたり溝が深くなる現象です。歯茎の溝をチェックするには歯科医で行ってもらうのが一番良いです。歯周ポケットをチェックしてもらい、歯と歯茎の間の溝が深くなればなるほど、歯周病は進行していることになります。もし歯を支えている歯槽骨が溶けると抜歯必須です。

 

歯周病はストレスが原因であるとも言われており、歯周病菌が心筋梗塞を起こす危険性もあることから、早目の受診・治療が求められています。

 

歯周病対策

歯周病対策は正しい歯磨きをし、歯垢や歯石を歯科医で定期的に取ってもらうことが大切です。また、虫歯がないか、歯周ポケットは大丈夫かといった総合的なチェックも重要です。こうした治療に加え、なたまめ茶を飲んで歯周病予防・改善をすることが大切です。なたまめ茶にはカナバニンという成分が含まれています。実はこの成分は膿を排出する作用があるのです。さらに歯茎の炎症を抑える効果があるので歯周病の予防にはうってつけなのです。

 

治療となたまめ茶を併用

歯周病は自覚症状がないということが厄介な点です。痛みや腫れが出てきたときにはすでに症状がかなり進行していることが多いので、歯周病の疑いが診察の時点で出たらすぐに治療をしましょう。そして治療が終わっても通うのを止めず、定期的に通いながら歯茎を健康に保ちましょう。もし歯茎に膿が溜まってしまったら出すのは大変なので、そうなる前に対処をしましょう。

人気ランキング

薩摩刀豆なたまめ茶
鼻やのどに感じる不快感を一掃!

原料はこだわりの純国産

気になる花粉症対策に

口臭対策にも好評!


公式サイトへ

爽快なたまめ茶
健康は一日一杯のお茶から

90%近いリピート希望率!

国産ごぼう、国産黒豆、90種の発酵酵素を独自配合

美味しいから子どももゴクゴク


公式サイトへ

なた豆茶ブレンド
気になるお口のトラブルに

至近距離にも自信が持てる息に

爽快なハーブティー風味

お得な初回限定価格あり!

公式サイトへ